http://nabila.jp

Top


カテゴリ
★☆ Information ☆★
最新の記事
Saz & Bellydan..
at 2014-12-02 22:02
11月29日(土)Saz &..
at 2014-11-16 22:17
Portfolio 2014
at 2014-11-16 21:56
9月15日(日)Saz & ..
at 2013-08-25 23:02
6月29日(土)『Fleur..
at 2013-06-21 23:02
2013年 踊り初め
at 2013-01-05 23:59
A HAPPY NEW YE..
at 2013-01-01 23:05
ポートフォリオ
at 2012-12-31 09:57
『雪の華』 SHOW 動画
at 2012-12-10 22:05
美術モデル
at 2012-12-05 23:12
ご来場ありがとうございました!
at 2012-12-04 23:55
12月2日(日)ご予約締切に..
at 2012-11-19 01:11
大磯宿場まつり☆レポート
at 2012-11-13 23:31
Goodbye☆シェムリアップ
at 2012-11-08 23:08
カンボジアン文化村
at 2012-11-08 22:51
アマンサラ
at 2012-11-08 22:38
生コショウ
at 2012-11-08 22:19
バンテアイ・スレイ
at 2012-11-08 22:07
バンテアイ・サムレ
at 2012-11-08 22:01
東メボン
at 2012-11-08 21:58
以前の記事
2014年 12月
2014年 11月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

生コショウ
今日のランチは、タイ料理です。

DSC04465


セットメニューでした。

DSC04466


アンコール・タラ・ホテル、落ち着くインテリアです。

DSC04468


パパイヤジュース 016.gif

DSC04470


タイ料理、大好き!
なかなかピリ辛な味付けでした。

DSC04475


DSC04476


こちらのホテルも民族音楽の演奏つきです。

DSC04479


織物工房を見学しました。

DSC04481


伝統工芸品の工房です。
材料選びから完成まで、全て一人で仕上げるようにし、
将来は独立できるように技術を身に着けているそうです。

DSC04483


この大きな作品は、ホテルへの納品が決まっているそうです。

DSC04487


アプサラダンスをモチーフにした作品も。

DSC04488


DSC04489


ゲストが出入りしても、集中力が途切れません。

DSC04490


若き職人さん達、真剣そのものに作品を作っています。

DSC04491


DSC04492



DSC04493



この「アーティザン・ダンコール(Artisans D'Angkor)」のお店は、シェリムアップ空港内にもありました。

DSC04494


DSC04495


色使いやデザインがお洒落な小物がいっぱいです!

DSCF6472



こちらは、クメール伝統織物研究所にあるシルク工房です。
子供を連れて作業ができるように、ハンモックが備え付けられていました。
カンボジア伝統織物の復興と活性化のため、日本人の森本喜久男さんが設立したそうです。

DSC04505


また内戦前、世界でも有数の高品質だったカンボジアのコショウを、見事復活させたのも倉田浩伸さんという日本人だそうです。
有機農法で育て、手摘みしたというクラタ・ペッパーを買って帰りました。

アンコール・ワットクッキーのマダム・サチコさんといい、カンボジアで日本人が活躍しているのですね!



さて、夕食を食べに 001.gif

DSC04520


本当は、戦場カメラマンの沢田教一や一ノ瀬泰造が利用していたという「バンテアイ・スレイ」というレストランに行こうと思っていたのですが、閉店が21時でラストオーダーに間に合わず、断念。
ホテルから街中への道沿いにあって、毎日前を通っていたのにな。


マッサージ屋のお兄さんに聞いて、生コショウ料理が食べれる食堂に行きました。


DSC04524


オープンエアで、薄暗くて、かなりローカル色の強い食堂です。

DSC04526


DSC04530


お隣の席は、家族の集まりなのか賑やか。

DSC04528


憧れの生コショウの実とイカの炒め物です。

DSC04531


グリーンの実がそうです。
生コショウは、収穫して2日以内でないと食べられないそうです。
新鮮な青い実を料理して食べられるのは、現地ならでは☆

DSC04533


枝ごと海ブドウのような形で付いてきています。
香り高くて、本当に美味しいです!!

DSC04534


シェムリアップスープというものを頼んでみました。
トンレサップ湖の白身魚が入っています。
タマリンドの爽やかな酸味と野菜の旨味が効いています。
炭で温めたまま出てくるので、熱々!

DSC04535


DSC04540


ローカルなディナータイムを満喫しました。
生コショウ炒めも、スープもとっても美味しかったです!

生コショウ、お皿の底までたくさん入っています。
大量に食べちゃったけど、お腹、大丈夫かな。。


DSC04537


DSCF6476


それにしても、薄暗い・・・072.gif
[PR]
by nabila | 2012-11-08 22:19
<< アマンサラ バンテアイ・スレイ >>