http://nabila.jp

Top


カテゴリ
★☆ Information ☆★
最新の記事
Saz & Bellydan..
at 2014-12-02 22:02
11月29日(土)Saz &..
at 2014-11-16 22:17
Portfolio 2014
at 2014-11-16 21:56
9月15日(日)Saz & ..
at 2013-08-25 23:02
6月29日(土)『Fleur..
at 2013-06-21 23:02
2013年 踊り初め
at 2013-01-05 23:59
A HAPPY NEW YE..
at 2013-01-01 23:05
ポートフォリオ
at 2012-12-31 09:57
『雪の華』 SHOW 動画
at 2012-12-10 22:05
美術モデル
at 2012-12-05 23:12
ご来場ありがとうございました!
at 2012-12-04 23:55
12月2日(日)ご予約締切に..
at 2012-11-19 01:11
大磯宿場まつり☆レポート
at 2012-11-13 23:31
Goodbye☆シェムリアップ
at 2012-11-08 23:08
カンボジアン文化村
at 2012-11-08 22:51
アマンサラ
at 2012-11-08 22:38
生コショウ
at 2012-11-08 22:19
バンテアイ・スレイ
at 2012-11-08 22:07
バンテアイ・サムレ
at 2012-11-08 22:01
東メボン
at 2012-11-08 21:58
以前の記事
2014年 12月
2014年 11月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
フラメンコ
今日は知人のフラメンコの舞台を観に行きました。
三部制でなかなかの長丁場ということで、軽食の持参を勧められ、皆、駅でサンドイッチを調達。私は大きなチョコタルトも☆
大きいホールだったので、オペラグラスも持参。
今日はゆっくり堪能するぞ!
普段からスペイン人みたいな顔立ちの知人ですが、舞台の上ではまさしく情熱のジプシー女に変身していました。

フラメンコを初めて見たのは小学生の時。文化祭のような場で他のクラスの担任の先生が体育館の舞台で踊ったのです。なんかみんな呆然としていたな。しかも、わりと暗めの曲だったような・・・子供心にはあまり惹かれませんでした。

よこすか芸術劇場にスペイン国立バレエ団が来た時も見に行きました。
バレエといっても、スペイン舞踊。
でも、スペイン舞踊とフラメンコもまた違う感じでした。

その後はだいぶ先で、2004年のスペイン旅行。友人と列車で二人旅。大晦日はセビージャの老舗タブラオ、ロスガジョスで明け方までフラメンコとワインを堪能しました。ロスガジョスは、泊まっていたサンタ・クルス街のホテル・ムリーリョから歩いてすぐ。年越しの特別なガラショーということで、120ユーロ、当時のレートで18,000円位したと思いますが、食事もシャンパンもお菓子のお土産も込みで、ショーの内容も素晴らしく、大満足でした。
その時のフラメンコの感想は、強い、激しい、激しすぎる・・・というもの。
実はフラメンコも踊ってみたいなと思っていたけど、ここまでの骨太な強さ、激しさは日本人には難しいのでは?と感じました。

最後に見たのは六本木の「麗の店」。2~3年前のことです。
時々踊らせていただいていた六本木のジャズクラブMistyのオーナーに、とても良いフラメンコダンサーがいるから!ということで3回ほど連れて行っていただきました。
小さいお店の中、間近で繰り広げられるギターと歌と踊り、手拍子の掛け合いは、同じ日本人が作り出しているとは思えないほど、強く迫力に満ちたものでした。しかも哀愁漂う表現は、演歌に通じるような・・・。
ウェットな表現はもしや日本人に向いてるのでは?と思いました。

今日はホールだったこともあり、2階席から見ると、舞台上に幻想的なスペインのタブラオがワープしてきた感じ。
でも私たちは、より強い迫力を求めて休憩時間に2列目に見つけた空席にワープ!
ダンサーやミュージシャンの光る汗まで見える位置に着きました。
ギター2名、歌い手3名、カホンと呼ばれる打楽器1名、総勢6名のミュージシャンが一列に横並びし、奏でる音、刻まれるリズムに、体の芯から惹き込まれます。

知人が踊ったのはアレグリアスという港町で生まれた活発で陽気な曲と、ファンダンゴというリズミカルな舞曲。
そのほかにも、春祭りで踊られる有名なセビジャーナスや、帽子を持って踊るガロティン、穏やかで美しいタンゴデマラガ、深みのあるシギリージャ、またティエント、カンティーニャスなどが踊られました。即興でわいわい踊られたブレリアも楽しいものでした。
主宰の先生のグアヒーラ、そしてソレアポルブレリアをソロで踊ったダンサーさんの踊りには、なんだか涙が出そうに。
何だろうこの感じ・・・。

ダンスや歌、演奏、その他もろもろのパフォーマンスというのは人間が出るな、とつくづく思います。技術的なことは別にして、たとえ同じ曲、同じ振付で同時に踊っても、それぞれのダンサーのキャラクターや持っている色、日頃の所作、秘めた感情などは、観客から恐ろしいほどに透けて見えてしまうのです。
どれだけ心を込めて踊っているか、ということも。

涙が出るというのも、きっとそのダンサーの内面が見えて、それが自分の心のどこかに共鳴したからかもしれません。

フラメンコもオリエンタルダンスと同じで基本は即興だそうです。
ミュージシャンとダンサーが一緒に作り出す一期一会のパフォーマンス。
またぜひ観たいな、フラメンコ!!

それぞれが趣向を凝らした髪の結い方や大きな櫛やヘアコサージュ、たっぷり袖飾りがついた白いブラウスや重く揺れるたっぷりとしたフレアスカート・・・衣装もとっても素敵でした。

終演後は、ロビーで私の中で今夜のNO.1だったソレアポルブレリアを踊られたダンサーさんともお話しでき、興奮冷めやらぬ中、先輩と食事に!
幕間にサンドイッチと大きなチョコタルトをほおばったことはすっかり忘れて、赤ワインにガーリックトースト、コブサラダ、魚介のパスタ、そしてあまおうのショートケーキを平らげてしまいました。
・・・踊りに、お酒に、食事に、スィーツに酔った、なんて素敵な一夜だったことでしょう!

さて、夏のバレエの舞台では情熱的な大人のスペイン女の役を踊らせてもらう私。
街の一番の色男である花形闘牛士を誘惑する役どころです。
このキャラクターは日頃の私の踊り方からはかなりハードルが高いけど、フラメンコを観ることは役作りの参考になりそうです。スパニッシュっぽい雰囲気や表情、肩や腕の使い方、等々。
しばらく観ようっと、フラメンコ!!
[PR]
by nabila | 2011-02-20 23:58
ラニア妃
今夜はラニア妃そっくりのアラブビューティが・・・!!
レストランのドアを開けた瞬間、目が合ってしまい軽く息をのむ。

d0208589_2223130.jpg

ラニア妃は、世界一美しい王妃様。
美しいだけじゃなく、聡明で、情熱と行動力にあふれる姿は、日本の女性誌でも度々特集されています。ヨルダンでもお店やホテルなどいたるところにアブドッラー国王とラニア妃とかわいいお子様たちの、温かい雰囲気あふれる普段着の写真が飾られていました。
そのあまりに普通っぽい様子に、本当に国民から親しまれ、愛されているロイヤルファミリーなんだなと感じました。

さて、そのアラブビューティ。
旦那様とフランス人夫婦の4人グループでいらしゃってましたが、ダンスタイムになるとノリノリで出てきてくれました。中東の女性は積極的に踊ってくれる場合と、頑なな拒否か両極端。
文化、宗教的なこともあるから、いつも様子を伺いつつお誘いする感じです。
今宵のビューティーは、ナチュラルな腰の動きがリズムに合っていてとても楽しげ072.gif
ずっと眺めていたい踊り方でした。
どちらの出身か尋ねると「ミドルイースト」と言います。
それは分かってるんだけど、どちらのお国でしょと聞くと美しい笑顔で「パレスチナ」と答える。
パレスチナ・・・シリアでも中東最大のパレスチナ居住区を見たし、観光する先々でもキャンプがあった。
でもパレスチナ人とお話ししたの初めてかも。
旦那様は先々週は一人でいらしていた。
奥様達を連れてくるため下見だったのか。
レストランのスタッフによると旦那様はイラク人だけど、長くアメリカに住んでいる方だという。

その後、フランス人のムッシューもダンスに誘ってみたが、すげなく断られる。
でも着替えて出ていくと、すごく良かったから今度妻のバースデーパーティーで踊ってほしいと話しかけられた。奥様もニコニコ。
気に入ってくれてよかった!今日はたまたまMish Fadilakのフランス語バージョンを使ったのだった。自国の言葉の歌が流れると嬉しいのだろう。
「ビジネスカードはないの?」と聞かれるが、残念ながら今日もないのです・・・
取りあえずメアドを渡す。

ビジネスカードって名刺のことですね。去年4月に自宅プリンタを買い替えた時、試しに名刺を10枚ほど刷ってみましたが、デザインが気に入らず、直そうと思って放置・・・
持ってる4~5人の方、かなり希少ですよ(笑)
名刺もないまま10年以上もショーダンサーとして活動するなんて怠慢。。
イベントのリハでミュージシャンや他のダンサーから渡されるたび、「わたし今日、忘れちゃって。」と貰いっぱなしでした。本当は未だ作ってもないのだけど。

せっかく友人が作ってくれたウェブサイトも、かれこれ2か月以上coming soon...のまま。
ゴメンナサイ、私が中身を渡せていないのです。
今週末にでも残りの作業を進めよう。
名刺もちゃんと携帯!
ブログもちゃんと更新!(月一回以上☆)

ところで、チュニジアにはじまり、エジプト、バーレーン、リビア・・・アラブ情勢から目が離せません。数十年間見られなかった多くの変化が、ここ数か月で急速に起こっています。
旧約聖書の時代から多くの複雑な問題を抱える地域。
一言では語れませんが、住みよい社会になること、現地の人が一日も早く安心して暮らせるようになることを祈ります。
[PR]
by nabila | 2011-02-19 23:50
2月13日AFR
2月13日Oriental Dance Show at AFR、ご来場ありがとうございました!
d0208589_2203466.jpg

053.gif
Yellow-green sistersです!
二人とも全身、小鳥の羽がいっぱい☆

春香ちゃんは正統派エジプシャン。
さざ波のような細かい綺麗なシュミ、音にピタッと合ったベリーワーク、安定したステップに大人の余裕が感じられます。しかし表情はとてもキュートだ。
タブラソロも圧巻でした!
日頃メールのやり取りばかりで、ゆっくり会ってお話しするのは本当に久しぶり。
最後は、もしや数年前の丹沢のBBQ?あとLULUのワークショップでばったりとか。
共演できてうれしかったです♪
今年は私もエジプシャンの勉強をがんばりたいな。

私はオープニングを、春が近づくと踊りたくなるヴィヴァルディの「四季 ~春~」で踊りました。西洋クラシック曲ですが、ターキッシュアレンジです。トルコ語の唄も入っています。
(たしか、春を待ちわびる・・・みたいな歌詞だったような)
ここ4、5年、この季節になるとこれを踊ってしまっている気がする。

そして2曲目はトルコ人クラリネット奏者Hüsnü ŞenlendiriciのFla-Manco。
フラメンコ調のリズムに、哀愁漂うメロディーがのっています。
なかなかドラマチックな旋律の展開が素敵。

それからRakset Al Asaya。
私はサイーディのステップが軽くなりがちなので、重心を落とすように注意・・・
楽しくなると更に体が浮いてしまうから、注意、注意・・・

2ndステージではレバノンのダンサーSamaraのアルバムからオリエンタルの長めのルーティーンとドラムソロを踊りました。
春香ちゃんのソロの後、最後は二人でファンベールや剣を使ってNatacha AtlasのKiddaを踊ました。その後、ドバイで買ったメジャーなオリエンタルソングがファンキーにアレンジされたアルバム「THE FUNKIEST ORIENTAL SONGS EVER AS YOU HAVE NEVER HEARD THEM BEFORE」から、Harramt AhebbakのClub Mixでフィナーレ。

そして、ダンスタイムにステージに上がってくれた方々の素晴らしいリズム感と、首の左右の可動域にびっくりした夜でした。
先生方、日頃から踊り慣れているのでは!??
2001年のレバノンレストランでのデビューを観た希少な方も来てくれました。10年前と比べていかがだったしょう?
少しは大人の踊りになっているといいな。

それからミサっちゃん達、チューリップの花束どうもありがとう(^O^)
本当に春が待ち遠しいです。
もうすぐ!
[PR]
by nabila | 2011-02-18 23:30
2月13日(日)Oriental Dance Show at AFR
直前ですが、ショーのご案内です☆
正統派オリエンタルダンサー、春香ちゃんとのショー。
ファンベール等々、ちょこっとコラボもする予定です。

Oriental Dance Show at AFR
日時:2011年2月13日(日) Act1 18:30~ / Act2 19:15~ 
                              ※ 各幕30分間のショーです
Charge: Free (チップ制)   
Dance: Nabila(ナビーラ) 春香(ハルカ) 
場  所: アジアンレストラン 「AFR YOKOHAMA」  
      横浜駅西口 徒歩3分 
      ※東急ハンズのななめ前。 ダイエーとプロントの間。

レストランTEL 045(534)6628 (ご予約はコチラ)
レストランホームページ http://www.asian-file.com
[PR]
by nabila | 2011-02-09 23:31 | ★☆ Information ☆★