人気ブログランキング |

http://nabila.jp

Top


カテゴリ
★☆ Information ☆★
最新の記事
Saz & Bellydan..
at 2014-12-02 22:02
11月29日(土)Saz &..
at 2014-11-16 22:17
Portfolio 2014
at 2014-11-16 21:56
9月15日(日)Saz & ..
at 2013-08-25 23:02
6月29日(土)『Fleur..
at 2013-06-21 23:02
2013年 踊り初め
at 2013-01-05 23:59
A HAPPY NEW YE..
at 2013-01-01 23:05
ポートフォリオ
at 2012-12-31 09:57
『雪の華』 SHOW 動画
at 2012-12-10 22:05
美術モデル
at 2012-12-05 23:12
ご来場ありがとうございました!
at 2012-12-04 23:55
12月2日(日)ご予約締切に..
at 2012-11-19 01:11
大磯宿場まつり☆レポート
at 2012-11-13 23:31
Goodbye☆シェムリアップ
at 2012-11-08 23:08
カンボジアン文化村
at 2012-11-08 22:51
アマンサラ
at 2012-11-08 22:38
生コショウ
at 2012-11-08 22:19
バンテアイ・スレイ
at 2012-11-08 22:07
バンテアイ・サムレ
at 2012-11-08 22:01
東メボン
at 2012-11-08 21:58
以前の記事
2014年 12月
2014年 11月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アンコール・トム
6:30に起床 058.gif
2階の部屋の前の廊下から見たロビーです。

DSC03736


さっそく、朝ごはん。
ホテルのレストランで、カンボジア料理のビュッフェ063.gif

DSC03106


米粉で作った麺、「クイティウ」です。朝ごはんの定番メニューだそう。
ベトナムのフォーに似ていますが、もっと細くて柔らかいです。
日本のそうめんみたいな感じ。
あっさり味のスープで、お肉や魚肉団子、パクチー、ライムなど好みでトッピングできます。

DSC03108


ロビーで、民族楽器の演奏を聞きながらガイドさんを待ちます 060.gif

DSC03117


木を使った重厚な内装、スタッフも感じの良いホテルです。

DSC03740


トゥクトゥクは、観光の足です。

DSC03129


アンコール遺跡の共通チケット売り場。

DSC03131


チケットをゲット 072.gif
写真入りです。

DSC04904


アンコール・トムの南大門。
砂岩で造られた高さ23mの観音菩薩の四面仏塔です。
2世紀末に造られたそう。
頑丈そうな造りです。

DSC03160


寺院を囲むお堀です。
この幅150メートルの環濠から、ゴンドラに乗って遺跡を眺めることもできるそうです。
地上からとは、また違った角度で観れて、面白いかもしれません。

DSC03150


門へ至る橋の両脇には、阿修羅や神々の像が一列に並んでいます。
新しい像はレプリカ、古いものは建設当時のものだそうですよ。

DSC03152


門の中まで象に乗って入場し、遺跡内を周ることもできるそうです。

DSCF6279★


豊穣を象徴する蛇神ナーガ像。
蛇は神聖な生き物なんですね056.gif

DSCF6271★


アンコール・トムの中心寺院、バイヨンが見えてきました。

DSCF6286★


「るるぶ」によると、キャッチフレーズは「無限の慈悲につつまれたラビリンス」とのことです。内部は迷路のように複雑に造られているそう。
興味を引かれます。

DSC03168★


DSC03163★


まるで岩山のような迫力ある寺院です。

DSC03188★

DSC03191★


アンコール遺跡は壁面の浮き彫り装飾「レリーフ」の美しさが有名です072.gif
「Apsaras アプサラス」という水の精、または天上界の踊り子のレリーフもいたるところに見られます。
アプサラスとは、「雲の上を行くもの」を意味するそうです。

DSC03215★


足を開く独特のポーズが印象的です。

DSC03198★


こちらは、「Devatas デヴァター」とよばれる女神像。
アンコール遺跡のレリーフによく見られます。
美しい 056.gif

DSC03203★

頭に華やかな冠を被っていて、腰にも装飾品をつけています。
こちらのデヴァターは、実在した妃ジャヤラージャデーヴィーをモデルにしたものと言われているそうです。


第一回廊のクメール軍とチャンパ軍の戦いのレリーフ。

DSC03176★


これは、王様がマッサージを受けている図のようです。
クメール式マッサージは長い伝統があるのですね。

DSC03195★


大きな仏の頭がいっぱい。
最上層の境内で。

DSCF6293★

DSC03204★

DSCF6309★


水辺でポーズ☆

DSCF6303★


現地で会った日本人のお姉さんも一緒にポーズ☆

DSCF6302★


後ろに見えるのは、ピラミッド型寺院 「Phimeanakas ピミアナカス」です。
「天上の宮殿」という意味だそうです。

DSCF6312★


頂上からの王宮跡の景色が良いそうですが、階段がとっても急です。
寺院の階段が急なのは、元々人間が上るためではなく、神様が上るためのものだからだそう。

DSC03245★


DSC03222★

DSC03230★

DSC03219★


12世紀末に造られた、ライ王のテラス。
高さ6m、長さ25m。
壁面全体に、デヴァターや阿修羅、ナーガなどが掘り込まれています。
テラスの上にはライ病を患った王とされる坐像のレプリカが置かれているそう。
(最近の学説では、閻魔王らしい。)
本物はプノンペンの国立博物館にあるそうです。

DSC03259★


象のテラス。
国王の謁見の場として使われたそうです。

DSC03264★

DSCF6315★


次は、タ・プロームに行きます。
by nabila | 2012-11-05 23:46
<< タ・プローム シェムリアップ国際空港 >>